iPad第三世代をiOS8.4.1にアップデートして…

以前のアップデート後から、起動直後にリンゴマークが出て約1〜2分は使い物にならないiPad。

慣れたうえそろそろあきらめもつき、PC同様のんびり起動を待って使っている。

仕事で使うことを考えると、さっと起動して使える新しいタブレットの購入を考えるべきか、と悩みながらも、iOS8.4.1が出ていることに気付いたので、淡い期待を込めてアップデートしてみた。

アップデート直後、前回とは白黒が逆転し、黒背景・白リンゴが長らく表示され、通常の画面が出てもすぐにまた白リンゴが表示される。

念のため再起動してみると、なぜか再びアップグレードのメッセージが表示され、実行すると今度はまた白背景・黒リンゴが表示されるようになった。

しかも、この状態のときに画面をタップしていないと、すぐにスリープに入ってしまう。

結論。アップデートしても何も変わらない。淡い期待は、当然の如く打ち砕かれた。

スリープからの復帰後に数回白背景・黒リンゴの表示が繰り返された後で「DR.メモリ」を使ってみると、メモリの空きはしっかり確保されていた。

現状は、ボタンやカバーによりスリープから復帰すると白背景・黒リンゴが3〜4回表示された上で使えるようになる。

リンゴが表示されている間にホームボタンを連打したり画面をタップし続けたりしていても、再びスリープに入ることがある。

複数のアプリを起動したり、アプリの切り替えを行おうとするとリンゴが表示されるのも、以前と変わりない。

調べたところ、今回のアップデートはApple Music関連のバグ修正らしい。

Apple、iOS 8.4.1をリリース―Apple Musicのバグ多数を修正 (TechCrunch)

やはり、新しいタブレットを買うか…。

iPadの不具合を解消

第三世代のiPadを購入して数年が経った。

先日、iOS8.3にアップデートしたところ、急に調子が悪くなった。

具体的には、スリープから復旧したとき、別のアプリを起動したときなどに、白地に黒リンゴが表示されて、しばらく待たなくてはいけないようになった。


iPad Black Apple


あちこち調べたところ、こんな記事を見つけた。

iOS8アップデートで重いiPadをサクサク動作に戻す方法を試した!Safariが軽くなったよ

書いてあることをとりあえず行ったが、あまり改善されない。

さらに調べてみると、どうやらメモリの解放がうまくいっていないかもしれないという記事に辿り着いた。

動作が重いiPhone・iPadを軽くする5つの対処方法

とりあえず再起動だ!と、スリープボタンとホームボタンを長押ししてみたが、やはり白地に黒リンゴは表示され続けた。

そこで、「iMemoryGraph」というアプリをいれてみたが、広告削除のアドオン(現在120円)を入れないとメモリの解放機能はつかないらしい。

すぐにアンインストールした。

直接AppStoreで検索したところ、「DR.メモリ」なるアプリを発見、インストールして、「最適化」ボタンをタップしたところ、不具合はすっきり解消。

また快適で楽しいiPad生活が送れるようになり、とてもうれしい。
(^v^)

<2015/05/24追記>
快適…と思っていたが、数日後には再びリンゴマークの表示が始まった。

どうやらスリープに入るだけでメモリがいっぱいになるようで、毎回「DR.メモリ」で使用メモリ領域を開放しなければならない。

一応、いろいろなアプリの自動通信ものを切ってみたが、あまり変化はない。

iCloudへの自動ログインをやめるとすっきり、という話も見つかったが、自動バックアップをとっているようなので、自動ログインを切ることがためらわれる。

とりあえず、起動後1分ほどリンゴマーク、そしてDR.メモリで開放すれば通常通り利用可能。

第三世代iPadには、もはやiOS8.3は重いのかもしれない。

さらにあちこち検索したところ困っている方々も多いようで、現状では今後のアップデートに期待するしかないようだ。

さくさく使えて便利なiPadだったが、iOS9になる頃にはアップデートをあきらめざるをえないのかもしれない。

以前、iPadからHDMIでテレビに画像を送れると知り、第三世代iPad対応のとあるメーカーのケーブルを購入したが、iOS8になっていたためか、そのケーブルは使えなくなっていた。

iOSをアップグレード・アップデートしないと利用できないアプリがあるため仕方なく行ってきたが、そろそろ限界かもしれない。

使い勝手がよく、長らく重宝してきただけに、この動きの悪さ、とても残念である。

Ubuntuでビデオサーバを作ってみた

幾分年代物になりつつある我が家のHITACHI製のテレビWooo。

「Woooリンク」なるものがあり、有線LANに接続すれば、ネットワーク上の他のテレビなどに保存されたビデオデータも再生できることは知っていた。

この機能をDigital Living Network Alliance (DLNA) というらしい。

ウィキペディア「Digital Living Network Alliance」

で、Ubuntuをサーバにして、テレビからUbuntu内のビデオを見ることができるようになる、という記事を見つけたので挑戦してみた。

Ubuntu (Ubuntu-Studio) 12.04をDLNAホームサーバーに仕立てる

これで、デジタルビデオカメラで撮影した動画をテレビで見ることができ、パソコンのディスプレイよりも大きく、大勢で楽しめると考えたからだ。

さっそく「mediatomb」をUbuntuにインストールしてみた。

結論から言うと、目的は達成されなかった。

設定を変更することで写真は見られたが、HITACHIのWoooでは動画の保存形式が特定のものでないと再生できないらしい。

一応、リアルタイムで動画の形式を変換するフィルタを用意する方法が別のサイトで書かれていたが、我が家のWoooでは動かなかった。

MediaTombで東芝レグザからmp4動画を視聴(リアルタイムエンコード)

サーバのスペックが弱いためだろうか?
機会があればまた挑戦したい。

Windowsで簡易C言語環境作成

どうしても「超簡単なC言語でのプログラム動作確認」をしなければならない状況ができた。

いろいろと調べてみると、レジストリを汚すことなく、C言語のコンパイルと実行を行う環境がつくれることがわかった。

MinGW (64bit)のインストール

ZIPファイルを展開してできるフォルダを、適当な場所に置くだけなのでありがたい。

新富士オートキャンプ場でゆったり

当初の予定通り?更新がなかなかできずに年1回になっているけど、ま、日記的なものってことで。
(^v^;

今年の夏は、富士山の見える新富士オートキャンプ場へ。
8月上旬に2泊3日で行ってきた。

初日。

テントを設営し、晩御飯を食べ終えてお風呂をいただいたところで、急な雷鳴と豪雨。
管理人さんの温かいご配慮により、バンガローへ移動して眠ることとなった。

ちなみに、来客が少なかったためか、この日は男用の風呂は水しか出ず、女用の風呂へ。
内鍵がかけられるので、家族風呂として利用することになっていた。
露天風呂もあったけど、この日はお湯が入っていなかった。

2日目。

愛犬のチワワとともに、園内を散歩したりカレーの煮込みをしたり、椅子でうたた寝したりと、充実したゆったり生活を過ごした。

この日の夜のお風呂は、ちゃんと男女別になっていた。
露天風呂へ行ってみると、お湯がしっかり入っていたが、風呂の終わる時間ギリギリだったためか、ややぬるかった。

男用は洗い場のみで浴槽なし、露天あり。
女用は洗い場+浴槽、露天もあり。
この日の夜はややひんやりしていたので、露天でしばらく入った後、もう一度シャワーで温まってから出た。

3日目。

朝、ピザを焼いて食べてから愛犬とお散歩。
片付け後、管理人さんにあいさつをして出発。

ちなみに、管理人さんとともにこの園内を守るワンちゃんがたまに巡回に来る。
とても大人しく賢そうだが、突然隣にいてびっくりした。
ウチのチワワにもあいさつをして、すぐに去って行った。

管理人さんはとても親切な方で、芋や枝豆などを調理して来客者に配って回っていた。
ありがたく、おいしくいただいた。

トイレは作り直したばかりだろうか、とてもキレイだった。
ミニ図書館は…予想以上にこじんまり。
(^-^;

キャンプ場を出発して、白糸の滝でしばらく涼しく過ごした。
途中で寄ったお店のおばちゃんはとても親切で、試食と共にいろいろと話をしてくれた。
店内のワンコはとても大人しかったが、店内の通路の真ん中でゴロ寝をして、あまり動かなかった。

ワサビソフトにもチャレンジした。
ソフトクリームの後味に、ほんのりワサビが来る、不思議な感じだった。

新東名高速道路のNEOPASA駿河湾沼津へ寄り、イベント中の「深海水族館」を見に行った。
SAに深海水族館!?新東名NEOPASA駿河湾沼津(上り線) (たびねす)

「ダイオウグソクムシ」の金色と銀色のぬいぐるみ(50cmくらい)が売られていた。1つ12,600円。ビックリ。
他にも、ダイオウイカ、リュウグウノツカイなどのぬいぐるみが多数。
ぬいぐるみ以外にもたくさんの深海魚関連グッズがあった。

お腹がすいたので、富士宮やきそばを頼んで食べた。
ついでに、メヒカリのから揚げも単品で注文。
どちらもおいしかった。

さて、次のキャンプはどこへ行こうかな。

今年の夏は戸隠イースタンキャンプ場

8月末、戸隠イースタンキャンプ場へ行ってきた。

入り口を見つけて入ったら、管理棟は入り口を出て道の反対側にあるとの
看板を見つけたので戻って管理棟へ。

受付の方はとても丁寧で、いろいろなことを教えてくれた。

チェックイン・アウトはフリーだが、管理棟は通常17時頃までらしい。

入り口付近にシャワーがあり、少し中へ行くと、きれいなトイレがある。
さらに奥に行くと、炊事場とトイレが何箇所かある。

2泊3日で行ってきたが、初日の夜は「温泉かふぇ」へ、
2日目の夜は「戸隠神告げ温泉」へ行ってきた。

今回は「忍者」が目的で戸隠へ。

ちびっこ忍者村
入り口で少し迷ったが、「戸隠神告げ温泉」を通過して奥まで行くと
忍者村の駐車場がある。
実は、「水ぐもの術」で、後半調子に乗ってスピードアップを試みて、池の中へ…。(^v^;

戸隠民俗館・ 戸隠流忍法資料館・からくり屋敷
からくり屋敷の入り口で、管理人さん(?)と他の客が話しているのを
たまたま聞いてしまった。
なんでも、午前中に一人で入った人が、出口が見つからず苦労していたとか。
他に人がいないと、途中で不安になるかも…。
脱出できない人のために、途中で困った人用電話があった。

8月末はたまたま涼しかった時期にも重なり、「温泉かふぇ」からの
帰りの夜11時頃、道路脇の表示で気温17度。
3日間、比較的涼しく過ごすことができた。

そうそう、当然愛犬のチワワも同行。
ちびっこ忍者村で散歩疲れしたワンコは、からくり屋敷の時に降車拒否。
幸いとても涼しかったこともあり、車内に残して行った。
1時間ほどして戻ってきたときにはイビキをかいて眠っており、反応すら
しなかった。

Lubuntuの標準ブラウザが勝手に変わってしまった!

OperaやFirefoxをインストールしてしばらくしたら、画面下部の
アプリケーション・ランチャーに表示されているInternetアイコンで
Operaが起動するようになっていた。

InternetアイコンでChromiumを起動し、そのとなりにOperaと
Firefoxのアイコンを表示・起動させていたのだが…なぜそうなった?

一応Windowsでいうスタートボタンからインターネット、Chromiumの
順で起動できるが、やはり面倒である。

いろいろググってみたところ、以下のコマンドでいけることがわかった。

sudo update-alternatives --config x-www-browser

これで、一覧に表示される番号を入力すれば変更完了。
無事インターネットアイコンでChromiumが表示されるようになった。

…で、変更されてしまった原因はなんだろう?

Ubuntu Releaseのカウントダウン再び

以前表示させていたUbuntuのReleaseを表示するカウントダウンをまたやってみようと
いろいろ探してみたところ、やっと見つけたので実際に表示してみた。

Ubuntu release Countdowns

この一覧から、次回のリリースである13.10をクリックすると、コピペすべき内容が出てくるので
貼り付ければOK。

ちなみに、標準では大きいので、横のサイズを変更した。
「fwdt=」を探し出し、2箇所をそれぞれ「150」に変えた。

Windows8にスタートメニューがほしい!

Windows8のマシンを一台購入した。

起動時にタッチパネルを想定したメトロスタイルや、マウスがあちこちに動くと
別の何かが起動して画面が変わってしまうところがとても不便だ。

一応、Windowsキー+Dでデスクトップ表示になるのだが、いざデスクトップにすると、
何かのソフトウェアを起動するためにまた画面を変更しなくてはならない。

ちなみに、Microsoftのサイトにキーボードショートカットのページを見つけたので
リンクしておく。

キーボード ショートカット(Microsoft)

Windows8の一番不便なところはスタートボタンがないからだ!

探してみると、同じように困っている人たちは多いらしい。
その手のソフトウェアの紹介もたくさんあった。

Windows8 でスタートメニューを取り戻す方法(NAVERまとめ)
ウインドウズ8で撤廃されたスタートメニューを復活させるには?(教えて君.net)

どうやら「IObit StartMenu8」というものが使い勝手が良さそうなので、早速入手し、
インストールしてみた。

「なんということでしょう!」と言いたくなるような使い勝手の良さ。

各種アプリケーションソフトウェアの起動や電源の終了がこれまでと同様に行うことができる。
大変重宝している。


のんびりキャンプ

昨年度(平成24年度)の夏、長野の「ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ」に
行ってきた。

8月末の平日という事もあり、人はそんなに多くなく、ゆったりと過ごすことができた。
管理人の方もとてもいい方だった。

勾玉づくりやマウンテンバイクの体験で子供たちが楽しそうに参加している
姿も印象的だった。

受付で、Webページにある割引チケットを保存してiPadの画面を見せた。
また、同サイト内のマップを参考に、ぐるっと探検してまわった。

キャンプ場の入り口周辺の道は、細く離合の難しそうな道だったが、
幸い対向車がなかったので行きも帰りも問題なかった。

のんびりと時間を忘れて、とてもいい体験をすることができた。
お風呂にゆったりつかれるのもよかった。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:87 最後に更新した日:2017/12/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM