古いPC(PentiumM/PAE非対応)にLubuntu14.04をインストール

最近複数のPCでWindowsXPの動きが悪くなってきた。PAE非対応のCPUではあるが、インストール前に「forcepae」を指定して、Lubuntu14.04をインストールして使うようになってきた。

詳しいインストール方法は「軽量Linuxを試す/Lubuntuのインストール」や「PCメモ lubuntu 14.04 LTSをPentium Mマシンで動かす」に書かれているが、大雑把に書いておく。

1.公式サイトから lubuntu-14.04-desktop-i386.iso を入手してCD-Rを作成。

2.作成したCD-RでPCを起動。

3.言語選択の画面でカーソル移動キーを使って「日本語」に合わせてEnterキーを押す。

4.カーソル移動キー「↓」を押して「Lubuntuをインストール」に合わせる。
 ※ Enterキーを押さない。

5.F6キー・ESCキーの順に押す(ゆっくり順番に押せばよい)。

6.「forcepae」と入力してEnterキーを押す。

7.画面に「WARNING: Forcing PAE in CPU flags」と出た後にインストーラが起動するので、そのまま指示にしたがってOSをインストールし、終了後はCD-Rを抜いて再起動。


OSインストール後の設定は、「Lubuntu 14.04 その1 - 日本語環境の構築と確認・インターネットに接続せずLubuntuをインストールした時は」に詳しく書かれている。

1.再起動後、画面左下の鳥のマークのボタン(Windowsのスタートボタンの位置)をクリック、「設定」に合わせ、「言語サポート」をクリックし、指示に従って言語サポートをインストール。

2.「日本語」が最上段にあることを確認して「システム全体に適用」をクリック。

3.「地域フォーマット」タブを選択し、「日本語」を確認して「システム全体に適用」をクリック。

4.Closeボタンをクリック後、再起動 or 再ログイン。


次に、日本語入力環境を整える。「Ubuntu・フレーバーの日本語化」に従って操作した。

1.画面左下の鳥のマークのボタン(Windowsのスタートボタンの位置)をクリックし、「アクセサリ」に合わせ、「LXTerminal」をクリック。

2.「sudo apt update」と入力し、Enterキーを押してしばらく待つ。

3.「sudo apt install fcitx-mozc」と入力し、Enterキーを押してしばらく待つ。

4.「m-config -n fcitx」と入力してEnterキーを押す。

5.一度ログアウトし、再度ログイン。


各ソフトウェアの更新を行なっておく。

1.画面左下の鳥のマークのボタン(Windowsのスタートボタンの位置)をクリックし、「システムツール」に合わせ、「ソフトウェアの更新」をクリック。

2.パスワード入力など、指示に従って操作した後待つ。

3.再起動


このあたりで概ねOSの準備完了。
あとは、好みで各種アプリケーションソフトウェアをインストール。

いつも、gimp、inkscape、audacity、wine は入れている。
wine以外なら、「LXTerminal」を起動して以下のように入力すれば、一気にインストールしてくれる。

sudo apt-get install gimp inkscape audacity


wineも次のように行えばインストールが開始されるが、途中で質問画面が表示される。

sudo apt-get install wine


どちらもTABキーを押して目的のところに色がついたらEnterキーを押せば良い。

快適。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:84 最後に更新した日:2016/09/11

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM