Ubuntuでビデオサーバを作ってみた

幾分年代物になりつつある我が家のHITACHI製のテレビWooo。

「Woooリンク」なるものがあり、有線LANに接続すれば、ネットワーク上の他のテレビなどに保存されたビデオデータも再生できることは知っていた。

この機能をDigital Living Network Alliance (DLNA) というらしい。

ウィキペディア「Digital Living Network Alliance」

で、Ubuntuをサーバにして、テレビからUbuntu内のビデオを見ることができるようになる、という記事を見つけたので挑戦してみた。

Ubuntu (Ubuntu-Studio) 12.04をDLNAホームサーバーに仕立てる

これで、デジタルビデオカメラで撮影した動画をテレビで見ることができ、パソコンのディスプレイよりも大きく、大勢で楽しめると考えたからだ。

さっそく「mediatomb」をUbuntuにインストールしてみた。

結論から言うと、目的は達成されなかった。

設定を変更することで写真は見られたが、HITACHIのWoooでは動画の保存形式が特定のものでないと再生できないらしい。

一応、リアルタイムで動画の形式を変換するフィルタを用意する方法が別のサイトで書かれていたが、我が家のWoooでは動かなかった。

MediaTombで東芝レグザからmp4動画を視聴(リアルタイムエンコード)

サーバのスペックが弱いためだろうか?
機会があればまた挑戦したい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:88 最後に更新した日:2019/08/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM