MIDIから各種音声ファイルを作成

ちょっとした音楽をつくるのに、いつもDominoを利用している。操作も分かりやすく、重宝している。

フリーなのに細かなところまで作ることができる…らしいが、正直、残念ながらそこまで使いこなすことができていない。

この前、JavaScriptで音を再生するにあたり、OGGとACC形式のファイルを取得しようとあちこちネット上の素材置き場をまわったが、両方の形式が入手できるのは少なく、どちらかのみであることが多かった。

調べたところ、日頃から同じく愛用しているフリーウェアAudacityでOGGとACCの出力が可能なことが分かった。(ちなみに、いつもはインストール不要のポータブル版Audacity Portableを利用している。)

さらに調べを進めると、「DTM作曲始めましょ 番外編1 MIDI→WAV→MP3」で、Audacityを使ってPCでの再生音を直接録音する方法を見つけた。

ここに書かれていることに従い、画面左上あたりにある「オーディオホスト」を「Windows DirectSound」に、その隣にある「録音デバイス」を「ステレオミキサー」に、「録音チャンネル」を「ステレオ」に、「再生デバイス」を「スピーカー」に、それぞれ変更して録音を開始し、適当なアプリケーションソフトウェアで音を再生する。

音の再生が終わったところで録音を停止し、前後の無音部分を削除する。

これにより、MIDIでも他の形式でも、PCで音を再生することさえできれば、Audacityで出力可能なファイル形式の音声データを作成することが可能だ。

教えて!goo - iTunesでmidをmp3に変換する方法」でiTunes + QuickTimeによる変換も見つけたが、iPadを独立して使っているのでiTunesは使用しておらず、めったに使わないソフトウェアを入れるのも…と思っていたので、これまでもお世話になってきたAudacityでの録音方法が分かってとてもうれしい。

というこで、「初心者になるための耳コピMIDI講座 #01-10 SMF書き出し」のようにDominoを使ってMIDIファイルを作成し、上記のようにAudacityでOGGやACCなどの形式で出力・保存すればOK。

DominoもAudacity Portableも、適当なフォルダに置いておき、不要になったらフォルダごと削除できるのがとてもうれしい。これまでにもインストール・アンインストールするたびに不安が募っていったので、できるだけフォルダ単位で管理できるアプリケーションソフトウェアを使うことにしている。

フォルダ単位で管理できるもう一つの良い点は、PC引っ越しの際にも簡単であること。1つ1つのアプリケーションソフトウェアをインストールし直す作業が不要で、データ同様バックアップから復元したら終了。そのまますぐに使えるのが良い。

Domino、もっと練習してもっと使って力をつけたい…。

Stellarium Portableで星座のお勉強

先日、「PortableApps.com」を見たときに気になったソフトウェア「Stellarium Portable」を
ダウンロードし、実行してみた。

天体観測の学習にとっても役立つソフトウェアで、「シリウス」などの星の名称は
英語表示だが、それ以外は日本語で表示、星座のイラストもとてもきれい。

地域を指定すれば、その地域のPCの時間にあわせて星座を表示する。
木星や天王星も表示される。
当然時間を進めてこれからの天体をチェックすることも可能だ。
星座早見盤のかわりとしてとてもいいと思う。

やはりInkscape Portableの時のように、保存先のパスに日本語のフォルダ名が
含まれるとダメな模様。

なぜか1台のPCでは実行すると星空でなく四角がたくさん…。
実行できたPCも四角が表示されたPCも、どちらもWindowsXP。
結局理由は分からないまま。

とりあえず、便利な機能の豊富さ、画面の美しさに感動。
今後、他のソフトウェアも試してみようと思う。

Dominoの使い方が紹介されていた雑誌

WindowsでMIDIデータを作るのに重宝しているソフトウェア「Domino」。

DTM MAGAZINE 2010年11月号に、詳しい紹介が書かれているのを
書店で発見、即購入。

超初心者で音符を並べているだけだったのでいろいろと勉強に
なった。

…17ページのために1,500円。
今、改めて考えると、フリーウェア大好きな割には、なんとお金を
かけたことか。
しかも、未だに使いこなせるレベルには至っていない…。
(-_-;





USBメモリで持ち運べるソフトウェア2

前回紹介した「PortableApps.com」を久しぶりに見たところ、またいろいろと追加されていた。

ぼーっとしていて以前から見落としていただけかもしれないが、「Blender」、「Google Chrome」、
「Opera」、「Skype」、「µTorrent」、「WinSCP」、「WinWGet」、「VirtualDub」、「VLC Media Player」、
「Java(JRE)」など。

バリバリ使うわけではないが…ということで、かつてはインストールしようか悩んだ
ソフトウェアもあったけど、「USBメモリに入れるだけ」という手軽さはアンインストール
も考えなくていいし、何より自分好みの環境を持ち運べるというメリットが大きい。

まだ試してはいないけど、Javaの実行環境が動くのなら、Javaで作られたソフトウェアを
どのPCでも実行できるのでうれしい。

…あとは試して遊ぶ時間がほしい。
(T-T)

USBメモリで持ち運べるソフトウェア

「職場と自宅で同じソフトウェアが使いたい!」

古くから願っていたが、数年前にそれが「PortableApps.com」で解決するようになった。
ちなみに、英語のサイト。

フォトレタッチソフトウェア「Gimp」がUSBで持ち歩けるようになったことは、
当時とても助かった。

その後、メーラ「ThunderBird」やドローソフトウェア「Inkscape」もここから
利用できるようになったため、さらによくアクセスするようになった。

Inkscapeは、Inkscapeフォルダまでのパスに日本語を含むとツールバーのアイコンが
すべて「×」になってしまうのを知らず、何度もインストールを試みたことがあった
のも、今となってはいい思い出。

英語のサイトだが、ソフトウェアは標準で日本語対応になっているのがとてもうれしい。

学生時代のFreeBSD中心生活から仕事でWindowsを使うようになっていったが、
PC-UNIXのソフトウェアが次々とWindowsでも利用できるようになってきたのが
とてもうれしい。

見るたびにいろいろなものが追加されていて、チェックするのがとても楽しい。

1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:84 最後に更新した日:2016/09/11

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM